レポート|プレワーチャレ&カンテライベント


8月27日(火)~8月29日(木)まで大阪のJ-GREEN 堺ににて開催された「プレワールドチャレンジ」&「カンテラ合同セッション」に参加させていただきました!! 今回のFCバルセロナの下部組織(カンテラ)来日イベントの前に同会場にて、中国の広州富力とSOLTIROと新善試合を行いました。

まず選手達は熊本駅・博多駅・小倉駅から新幹線で移動をしました。今回の遠征では普段選手達が対戦をしている日本人の相手ではなく海外の選手とも試合を行ったり、合同トレーニングも出来るということもありワクワク感に加えて緊張もしながら開催地の大阪へと向かいました。

そして、試合会場の大阪 J-GREEN堺に到着後、早速選手達は着替え、試合の準備をしました。第1試合目は中国の「広州富力」との試合でした。試合前には今回選手達と一緒に帯同をしているバルサアカデミー福岡校 アルナウTD、吉田コーチ、横堀コーチと一緒に試合に向けてのミーティングを行いました。今回の新善試合では11人制の試合のため、選手達が普段バルサアカデミー福岡・熊本校で行っている7人制とは違い、ビルドアップ(DFから攻撃を組み立てること)などがうまくいかず、相手の早いプレッシャーもありなかなか前進できない場面がありました。結果的に前半は0-0、後半は0-5で終了しました。

そして、2試合目は「SOLTIRO」との試合でした。1試合目の中国「広州富力」との試合を通して学んだことや改善点を意識しながら試合に臨みましたが、相手のスピードについていけず、前半だけで4点の失点、しかし、このままでは終われない選手達もバルサアカデミーの選手としての意地を見せ、後半は2点を取り返しましたが結果的に2-4で敗戦しました。

3日目は待ちに待った、バルサカンテラとの合同トレーニングでバルサアカデミーの選手達はカンテラ選手達を出迎えました。同年代のバルサカンテラ選手達の登場に圧倒されながらも、トレーニングを一緒に行いました。

雨の中での練習にも関わらず同年代のトップレベルの選手達のプレーの質、技術の高さに圧倒されました。

バルサカンテラとの合同トレーニング後は、貴重な親善試合を行いました。お互いにバルサメソッドを学んでいる相手との対戦でしたが、相手のプレーの質、ボールの動かし方、そして技術力の高さに苦しむ時間帯が長く続きました。結果は、0-4でしたが学びが多く貴重な体験ができ、選手達の成長の糧になりました。

この素晴らしい環境と経験をさせていただきありがとうございました!!