Superclase2016選手募集のおしらせ

バルセロナスクール福岡校


superclase2016選考会募集


福岡県内及び近県のジュニア選手を対象に世界で活躍する選手の発掘・育成、サッカーを通じた人間形成を目的に、より高い目標設定、質の高いトレーニング環境を提供する「Superclase(スーペルクラセ)2016」の選考会を行います。

当コースはバルセロナスクール福岡校のトップカテゴリーとして位置づけ、国内で行われる招待試合へ“FCバルセロナスクール福岡校の代表選手”として出場することが優先されます。

>>Superclaseとは?

また選手達には「Jリーグ下部組織へ入団する!10年後に海外クラブチームへ挑戦する!」といった具体的な目標を掲げてもらいながら、ゲームの中で活かせる「テクニック」と「状況判断の向上」を目指した質の高いトレーニングを展開。その中で高い目標を持った選手同士が切磋琢磨し個々のスキルアップを目指します。


バルサスクール卒業生の活躍
2009年にスタートしたバルセロナスクール福岡校。これまでに33名の選手がJリーグ下部組織に入団しています。また世代別の日本代表U-17・U18日本代表に1名の選手が選出されています。
>>卒業生の活躍①
>>卒業生の活躍②
>>卒業生の活躍③

Superclase選考会にチャレンジ

選考会は現在バルセロナスクールに入会していない方も参加でき、福岡県内及び近県に在住で合格後に実際にスクールに通える選手が対象となります。バルセロナスクールのトレーニングに興味を持っていただき、昨シーズンは県外(熊本県・佐賀県・長崎県)からの参加も目立ちます。また九州トレセンU-12メンバーが3名が在籍し、選手達のモチベーションはとても高く、お互いに刺激し合いながら良い雰囲気でトレーニングが行われています。

>>2015一次選考会の様子
>>2015一次選考会を終えてチャビのコメント
>>2015最終選考会の様子

superclase選考会にチャレンジ

Superclase選考会にチャレンジ

バルセロナスクール福岡校の通常クラスに在籍し、日々のトレーニングを通じて著しく成長が見られる選手、及びFCバルセロナのサッカーを理解しプレーとして体現できる選手は若干名SuperClaseへ加入する機会を準備しております。2015年度シーズンは3名の選手が通常クラスからSuperclaseへ昇格しました。(>>Superclase昇格選手のおしらせ)

通常クラスは学年・サッカー経験・戦術理解度をベースにレベル分けされたグループでトレーニングを行います。FCバルセロナのカンテラと同様に、常にボールを使ってトレーニングをおこない、FCバルセロナのトップチームが目指しているプレースタイル(=ボールポゼッションを大切にする攻撃的で頭脳的なサッカー)を目指し、特にゲームの中で活かせるテクニックと戦術的知性(=状況判断能力)の向上を重視してトレーニングしています。この年間のトレーニングを通してテクニカルディレクターが評価した選手はSuperclaseへと昇格するチャンスを用意しております。


superclase2016選考会募集

◉1次選考会日時
2/18(木):一次選考会 ①17:30〜 U8
2/19(金):一次選考会 ①19:00〜 U10・U12
2/25(木):一次選考会 ①17:30〜 U8
2/26(金):一次選考会 ①19:00〜 U10・U12

◉最終選考会日時
3/4(金):最終選考会 ①19:00〜 U8・U10・U12 (一次選考会通過者のみ)

◉会場
福岡県営春日公園球技場 (>>会場詳細はコチラ)

◉募集人数
U-8 ・ 新1・2年生 最大14名
U-10・ 新3・4年生 最大14名
U-12・ 新5・6年生 最大14名

◉申込締切
【2016年2月15日(月) 12:00まで】
※申し込みいただいたすべての方に「2016年2月16日(水)」までにEメールにて当日の詳細をご案内いたします。
※2016年2月16日(火)までにEメールが届かなかった場合は下記までお問い合わせください。
※迷惑メール防止設定をされている場合や携帯アドレスをご利用の場合は、「@fcbescola-fukuoka.jp」のアドレスからメールを受け取れるように設定をお願いいたします。

◉応募方法
下記の入力フォームよりお申し込みください。

◉合否のおしらせ
バルセロナスクールホームページ上で発表します。

◉参加費
3000円(当日受付でお支払いください)

◉トレーニング実施日:2016年4月より
U8・木曜日・19:00〜20:15
U10・火曜日・19:00〜20:15
U12・水曜日・19:00〜20:15

◉注意事項
・1次選考会時に新年度のSuperclaseについての詳細な資料をお渡しいたします。
・現在バルサスクールに入会していない選手も受験可能です。
・当日ケガをされた場合は応急処置を致しますが、以後の処置は各自でお願い致します。

◉お問い合わせ先
TEL : 070-6976-8712 (スクール携帯:11-17時)
e-mail : info@fcbescola-fukuoka.jp

一ヶ月体験入学制度
一ヶ月体験入学実施中!!入会前に不安をお持ちではありませんか?バルセロナスクール福岡校では、期間限定で1ヶ月体験入学を開催しております。各クラス定員がありますので、お早めにお申込ください。

保護者の声13|子どもに本当のサッカーを教えてあげたければ、まさに最適な環境

ステップアップを目指して入会したバルサアカデミーでは、サッカーの奥深さを知り、自分で考えて、自分で行動するようになったというR君パパ。

 

Q:バルサアカデミーに入会したきっかけは?
基本技術をマスターしたあと、次のステップとして本格的にサッカーを習得させたくて入会を決めました。

Q:実際に入会してスペイン人コーチや日本人スタッフの指導はどうでしたか?
私たちが子供の頃にやっていたような一昔前のサッカーでは決して学べない内容のトレーニングだと思いました。ロジカルに動くサッカーは、我が子のサッカー観を変えてくれました。それを体現させてくださったコーチ陣には大変感謝しております!

Q:お子様が一番成長したと感じる部分は?
サッカーの奥深さを知り、よりサッカーに対しての興味が深まったようです。これはバルサアカデミーに行ってなければ得られなかったと思います。おかげさまでサッカーだけでなく、普段の生活でも「あーしろ、こーしろ!」と言わなくても自分で考えて、自分で行動するようになりました。

Q:印象に残っているスクールでのエピソードは?
バルセロナ遠征が一番良い経験になったようです!自分と同世代の海外の選手と試合が出来て大変喜んでいました。

Q:バルサアカデミーのここがオススメ!!
やはり、「本当のサッカーを学べる」ということだと思います。バルサアカデミーの指導を毎週欠かさず見学していく中で、地域のジュニア年代の指導者にはサッカーを理解していないかったり、もしくは勉強不足のまま指導しているコーチが多くいることに気付きました。

日によってコーチが変わったり、コーチによって言うことが変わったり、その指導レベルやトレーニング環境に皆さんも頭を悩ませているのではないでしょうか?バルサアカデミーの存在を知らず、あのまま子どもが地元のクラブだけでプレーしていたら思うと少しゾッとします(笑)。そういった意味で、子どもに「本当のサッカー」を教えてあげたければ、バルサアカデミーは、まさに最適な環境だと思います。

保護者の声12|仲間たちと出会い、切磋琢磨しながら、謙虚な姿勢と仲間を大事にする気持ちが自然と身についた

4年生の時にJリーグの下部組織のセレクションに合格。それまで片道二時間かけて通ったバルサアカデミー。サッカーへの意識高い仲間たちと出会い切磋琢磨しながら、謙虚な姿勢と仲間を大事にする気持ちが自然と身についたそうです。

 

Q:バルサアカデミーに入会したきっかけは?
初めて体験トレーニングに参加した時からコーチ達が声をかけ、子供たちがしっかり聞いている練習風景を見て衝撃をうけました。ここで絶対息子もサッカーさせたい!と思ったのと、本人も環境を変えたいということで入会しました。

Q:実際に入会してスペイン人コーチや日本人スタッフの指導はどうでしたか?
レベルの高い厳しい指導というより、楽しみながらの練習でした。しっかり子供に考えさせて、答えさせ、実戦させるというような感じだったので、いつも練習を見学していた私もすごく勉強になりました。またスペイン人コーチのスペイン語での指導も、日本にいながらサッカー留学してるような感じで、緊張感があり刺激になりました。

Q:お子様が一番成長したと感じる部分は?
「謙虚」という意味がわからなかった息子も、環境が変わりサッカーへ取り組む意識高い子たちの中で過ごすにつれて、謙虚な姿勢と仲間を大事にする気持ちが自然と身についたように思います。片道2時間かけてアカデミーに通ってましたが、1度も休みたいと言わず、週1から週2に増やすほど、自分の夢に向かって真剣に向き合うようになりました。

Q:印象に残っているスクールでのエピソードは?
バルサアカデミーに入会後、息子は所属チームを辞め試合に出場する機会がなかったのですが、バルサスアカデミーがチームとして出場する大会や遠征に呼んでもらえたり、アカデミーで友達になった子のチームの試合に飛び入りで呼んでもらったりと、バルサアカデミーで出会った仲間と貴重な経験をたくさんして成長することができました。

Q:バルサアカデミーのここがオススメ!!
海外遠征や、バルサキャンプなど、レベルアップできる経験やチャンスがたくさんあると思います。また、県内外からたくさんの子供たちが通っていて、意識の高いライバル、サッカー仲間ができるのが魅力です。また個人の長所や課題などが書かれた通信簿でひとりひとりを評価してくれるので、親としては子供の今の状況を知れて凄くよかったです。

スクール生の声09|視野を広くもって、どういう場面でも数的有利をつくる 堤田 真凜さん

堤田 真凜さん(2017年度卒業)
FCヴァンベール福津→CA.グランロッサ

①バルサアカデミーに通ったキッカケは何ですか?また、実際に通ってみてどうでしたか?
母に「福岡にバルサスクールがあるから行ってみようよ!」と勧められたのがきっかけです。周りの状況に応じたボールの持ち方やポジショニングなどを重点的に教えてもらうことができ、他とは違うサッカーを知ることができました。

②バルサアカデミーで、技術的な部分と戦術的な部分で、一番成長したと思う部分は何ですか?
技術的な部分では、ファーストタッチをどこに置いたら良いかなど、ボールの置きどころや持ち方などが特に成長したところだと思います。戦術的な部分では、視野を広くもって、どういう場面でも数的有利な状況を作ろうという意識が高くなりました。

③バルサアカデミーで学んだことで、今でも役に立っていることは何ですか?
ボールをもらう前に、首をふって相手や味方の位置や状況を確かめること。ゲームの状況がつねに把握できる体の向きやファーストタッチをすることなどが特に役に立っています。

④バルサアカデミーで一番の思い出は何ですか?
バルセロナ遠征です。めったに経験することの出来ない国外のチームと試合をすることで、自分の長所である視野を広く持って、状況に応じたプレーをすることが出来たことは自信につながりました。課題点は、ゴールへの意識やスピード、ラストパスの精度が挙げられました。いろんな経験をしたことで、自分自身のレベルアップにつながったと思います。

⑤今後の進路や目標を教えてください!!
今後は、高校になってもサッカーを続けて、レギュラーを勝ち取ることです。また、プロサッカー選手になるという大きな目標をもって今も頑張っています。

保護者の声11|バルサBの選手に貰った、サイン入りユニフォームは今でも宝物

バスと電車を乗り継いで通うことは親としては心配だったが、バルサアカデミーでサッカーをやりたいという本人の強い気持ちで入会を決めたというAさんパパ。バルサBの選手によるサッカー教室で貰った、サイン入りユニフォームは今でも宝物だそうです。

Q:バルサアカデミーに入会したきっかけは?
娘は1年生からサッカーを始め、3年生になった頃にステップアップを考えていました。いくつかのクラブチームやサッカースクールの体験練習に参加し、その中で唯一「楽しかった!」と言ったのがバルサアカデミーでした。自宅からはバスと電車を乗り継いで通わなければいけなかったので、親としては心配しましたが、本人のバルサアカデミーでサッカーをやりたいという気持ちが強かったので入会を決めました。

Q:実際に入会してスペイン人コーチや日本人スタッフの指導はどうでしたか?
コーチの皆さんには、細部にこだわった丁寧な指導もさることながら、何より子供達を成長させようという情熱を感じました。トレーニングは大小のロンドを基本とした、状況判断とボールテクニックの向上を目指したものが多く、これまで体験したことがなかったメニューで構成されおり毎回新鮮な驚きがありました。また、ポジショニング等のサッカーの原理原則を分かりやすく指導していただき、娘だけでなくトレーニングをスタンドで観ていた私もサッカーの見方を勉強させていただきました。

Q:お子様が一番成長したと感じる部分は?
娘は特に足が速い訳でも体が強い訳でもありませんでしたが、バルサアカデミーでのトレーニングによって、プレー中に首を振って常に状況判断を行う習慣が身につきました。まだまだ足りないところはありますが、ポジショニング等の優位性を長所として、中学生となった現在も女子サッカークラブでサッカーを楽しんでいます。

Q:印象に残っているスクールでのエピソードは?
バルサアカデミーに入ったばかりの3年生の夏にバルサBが来日し、その時にレベルファイブスタジアムで行われた選手との交流イベントで娘がじゃんけんで勝ち、来日した選手全員のサイン入りユニフォームをゲットしたことです。あの時はムニール選手と一緒に記念写真も撮りましたが、今も娘の部屋に写真とユニフォームが飾ってあります。

バルサBサッカークリニック http://fcbescola-fukuoka.jp/home/news/?p=5189

アビスパ福岡vsバルサB http://fcbescola-fukuoka.jp/home/news/?p=5154

Q:バルサアカデミーのここがオススメ!!
サッカーは足の速さや持久力を競うスポーツではありませんし、一人で行うものでもありません。仲間と考え、ボールを動かし、前進してゴールの数を競うスポーツです。バルサアカデミーではサッカーの原理原則が学べ、サッカーの見方を学べますよ!

保護者の声010|いろんな可能性を与えてくれる場所であり、夢を追える場所

単身での長期留学を決意!現在バルセロナの「Marcet footboall」に所属。バルサアカデミーでの国際大会の経験がきっかけとなり、夢を実現するため日々スペインで頑張っているYくんと、そのサポートをし続けているファミリーのバルサアカデミーでのお話。

Q:バルサアカデミーに入会したきっかけは?

息子が小5の時にFCバルセロナに憧れ、スペインリーグでプレーしたい夢を抱いたのがきっかけでバルサアカデミー福岡校に出会い入会することを決めました。

Q:実際に入会してスペイン人コーチや日本人スタッフの指導はどうでしたか?

スペインリーグに憧れていた息子にとって、当時のテクニカルディレクターのスペイン人コーチ・アイトールによる指導はとても刺激的でした。スペイン語をはじめて聞くことに戸惑いはありましたが、スペインへの思いが格段に上がりました。また日本人スタッフのみなさんも本場スペインサッカーを一人ひとりに丁寧に指導してくださいました。

Q:お子様が一番成長したと感じる部分は?

新しい人との出会い、人と人との触れ合い、チームワークの大切さ、固定概念にとらわれず多くのポジションとその役割を経験・知ることが出来たことは、息子にとって大きなプラスとなりました。

Q:印象に残っているスクールでのエピソードは?

バルサアカデミー福岡校での国際大会参加がきっかけとなり「もっとスペインサッカーを学びたい!」との息子の想いに、現在スペインバルセロナにある「Marcet footboall」に所属し、夢を実現するため日々頑張っています。留学を決意した息子、実際現地で頑張っている息子を誇りに思いますし、バルサアカデミー福岡校との出会いに感謝しています。

バルサアカデミー福岡校に通ったエピソードとしては、まずは週2回の送迎往復6時間です。熊本から福岡、福岡から熊本までの高速道路の車中は、息子にとって宿題やDVD鑑賞、トレーニング後の食事タイムでした。帰宅は0時前で今思い返すと、親子で頑張ったなとつくづく思います。それでも1度も行きたくない!と言った事はありませんでした。

Q:バルサアカデミーのここがオススメ!!

色んな可能性を与えてくれる場所であり、夢を追える場所でもある。これからのプロサッカー選手を目指す子ども達にとって、とても必要な場所です。

スクール生の声08|「バルサアカデミーで身につけた礼儀の部分がとても役にたっています」中丸 遥輝くん

中丸 遥輝くん(2016年度卒業)
BUDDY.FC→三筑キッカーズ→日章学園中学校

①バルサアカデミーに通ったキッカケは何ですか?また、実際に通ってみてどうでしたか?
FCバルセロナが好きでバルセロナのサッカーを学びたいと思ったからです。スペイン遠征やたくさんの経験をさせてもらえました。色々な練習メニューがあり楽しかったです。特に勉強になったのが、「2対1」からスタートして、守備側に遅れてもうひとりが入ってきて「2対2」になる練習です。相手のプレーの遅らせ方を学びました。コーチ、チームのみんなで本気て戦う試合形式バルサカップは毎回楽しみでした。

②バルサアカデミーで、技術的な部分と戦術的な部分で、一番成長したと思う部分は何ですか?
技術的なところは1対1の勝負の作り方です。自分の得意なエリアを見分けて、勝負を仕掛けることによって、相手を抜ける確率が高くなりました。

③バルサアカデミーで学んだことで、今でも役に立っていることは何ですか?
礼儀です。挨拶をしっかりできる人と、出来ない人ではサッカーでも差が出てきます。準備や片付けも同じだと思います。中学から寮生活をしていますがバルサアカデミーで身につけた礼儀の部分がとても役にたっています。試合でも緊張することがありますが、スペイン遠征を経験したことでしっかり落ち着いてプレーすることに繋がっています。

④バルサアカデミーで一番の思い出は何ですか?
2年生で初めて経験したスペインです。分からない事だらけでしたが、ルイスコーチに電車やバスの乗り方を教えてもらってスタジアムに連れていってもらったり、バルサショップやスーパーマーケットでは買い物の仕方を教えてもらって、実際に現地のものに触れて日本とスペインの違いを知る事ができました。またスペイン滞在中は、家を離れて寂しくてホームシックになりそうな時に優しく慰めてくれました。

◎ハルキくん参加の2017国際大会プレゼンテーションの様子
https://www.fcbarcelona.jp/ja/photos/732430/-vi-fcbescola17#

5年生の遠征では福岡校を代表してオープニングセレモニーに出席することができ、トップチームの練習見学やイニエスタ選手やピケ選手、ネイマール選手に会えてサインをもらえた事は嬉しかった思い出です。

⑤バルサスクールの思い出の写真を1枚紹介してください!

バルセロナにPKで勝ってみんなで喜んでいる写真です。この国際大会で僕はキャプテンだったので「絶対に勝ちたい!」という強い気持ちでみんなで戦いバルセロナに勝つことができ、とても嬉しかったです。

⑥今後の進路や目標を教えてください!!
僕が進学した日章学園サッカー部は、全国中学校サッカー大会で2連覇中です。僕も全中優勝を目指します。九州リーグでも結果を出して高円宮杯に出場することも目標です。

保護者の声09|小学生でこんな素敵な経験をさせてもらえた事は、ずっと忘れる事はできません

親子でアカデミーのイベントを楽しんだというG君ファミリー。第一回目のバルサアカデミー国際トーナメントでは、帰国する機内での機長から祝福メッセージのアナウンスが流れるなど、忘れられない思い出ができたそうです。

Q:バルサアカデミーに入会したきっかけは?
「福岡にFCバルセロナのスクールが開校!!」というニュースをテレビと新聞で知り、説明会に足を運び入会を決めました。

Q:実際に入会してスペイン人コーチや日本人スタッフの指導はどうでしたか?
「こんな練習があるんだ…」とすごく奥深く魅力的な練習に毎回見ている私も勉強になりました。バルサアカデミー全てのコーチがサッカーを熱く思い指導しており、特に現地バルセロナからやってきてくれたイバンコーチには、サッカーはもちろんですが色々な事を学ばさせてもらいました。

Q:お子様が一番成長したと感じる部分は?
少しづつ時間をかけながらですが、自分で考えて判断してプレーできるようになったことです。
プレー中やボールを持っていない時も、コーチの指示が飛び交う中でトレーニングが進んでいくので、最初は頭の中がいっぱいいっぱいで戸惑うこともあったようです。常に自分で考える選手になるため、常に賢いプレーを選択するために、コーチ達には沢山のヒントやアドバイスをいただきました。

Q:印象に残っているスクールでのエピソードは?
第一回目のバルサアカデミー国際トーナメントでプレーした決勝戦は我が家では忘れる事の出来ない試合です。テレビ放送もあり、試合の結果は現地の新聞にも掲載されました。

https://www.mundodeportivo.com/20120405/mundo-barsa/surgen-cracks-de-las-fcbescola-internacionales_54282155684.html

帰国する際に乗った飛行機では機長からサプライズで「優勝おめでとうございます!」と祝福メッセージのアナウンスがあり、小学生でこんな素敵な経験をさせてもらえた事は、ずっと忘れる事はできません。

Q:バルサアカデミーのここがオススメ!!
レベルの高い練習やアカデミー内での試合やイベントなど、保護者も一緒にサッカーを楽しみ学べるところが魅力だと思います。FCバルセロナのことを詳しく知らなかった私ですが、浜田満さん[Amazing Sports Lab Japan 代表]や村松尚登さん[元バルサアカデミーコーチ]が出版されてる本を読みバルサのサッカーを知りました。とても分かりやすくオススメですよ。

レポート|山口遠征 ケイズプランニングカップ

2019年11月16日・17日の2日間、山口県きらら博記念公園にて行われた「ケイズプランニングカップ」に、バルサアカデミー福岡校・熊本サテライト校の合同チームで参加させていただきました。試合会場である山口県きらら博記念公園のとても綺麗な天然芝のグラウンドに選手達のモチベーションは最高潮。最高のコンディションで大会に挑むことができました。

今大会には全12チームが参加、4チームづつ3グループに分かれ予選を行います。
その後、各グループ上位2チーム+グループ3位の上位2チーム、全8チームが総合優勝を決める決勝トーナメントへ進出します。

大会に勢いを持って入るためにも負けれられない初戦は「オオタFC」との対戦です。

終始、激しい球際でのプレーが続き、残念ながら0-2で黒星スタートです。

続く2 試合目は「関西SSS」との対戦。1試合目での反省点を踏まえて、普段アカデミーで学んでいる「バルサメソッド」をどのように発揮できるかを考えながらプレーし2-0で勝利することができました。

予選リーグ最終戦は「SSS」との対戦。

予選最終試合ということもあり、それまでの試合以上に気迫あふれるプレーが見られましたが、1-2で敗戦しました。

第1日目の予選結果は、1勝2敗で、グループ予選は3位。

しかし、各グループの3位チームの中での1位になり、決勝トーナメントに進出することができました。

1日に3試合行った選手達、宿舎へ到着後、風呂や夕食を済ませ、明日の決勝トーナメントに向けて早めに就寝しました。

大会2日目は、昨日の試合を通して学んだことや改善点をチーム一丸となって決勝トーナメントでプレーし続け、試合終了のホイッスルが鳴る最後の瞬間まで選手達は相手ゴールを目指して進んで行きましたが、結果は総合7位で今大会の幕を閉じました。しかし、今大会を通して選手達がまた1つ上のレベルへと成長できた大会でもありました。

選手達は素晴らしい環境で、2日間サッカー楽しむことができました。

今大会を運営いただきました、レノファ山口の関係者の皆様ありがとうございました!

 

第1回 ケイズプランニング杯 U-10最終結果

レノファ山口ホームページ「第1回 ケイズプランニング杯 U-10」

 

 

 アルナウテクニカルディレクターのコメント↓↓
 
El juego del equipo fue de menos a más, demostramos mucha personalidad empezando siempre el juego en corto y desde atrás. En todo momento tuvimos la intención de disponer del balón y moverlo con criterio para encontrar y aprovechar los espacios, gestionar las ventajas y poder tener ocasiones de gol.

チームのプレーは試合を通して良くなっていき、常に後ろからしっかりと、短く繋いで始めるプレーをし、自分たちのプレーを証明することが出来ました。 試合を通してボールを保持し、スペースを見つけて使い、優位性を作りだし、ゴールの機会を作るために、しっかりと判断しながら意図をもってボールを動かすことが出来ました。

Los jugadores tuvieron una actitud perfecta, siguiendo los valores del FCB, sobretodo con el esfuerzo ya que los partidos eran muy seguidos.

選手たちはFCバルセロナの価値観に沿い、素晴らしい態度や姿勢で臨みました。特に続けて戦った試合もあったので、選手たちの努力の姿が見られました。

Las instalaciones eran geniales, campo de césped natural en perfectas condiciones, bien organizado y encima el clima nos acompañó.

大会の施設はとても素晴らしく、完璧な条件の天然芝のコート、しっかりとしたオーガナイズ、さらに良い天候は私たちを助けてくれました。

Muy buena experiencia para todos los jugadores y entrenadores. Seguimos creciendo y mejorando.

選手たちにとっても、コーチ達にとても、とても良い経験となりました。今後も成長し、向上し続けていきたいと思います。

Agradecemos a Renofa Yamaguchi la invitación y el trato recibido, esperamos poder vernos de nuevo!

今大会にご招待いただき、ご親切にしていただきましたレノファ山口様に感謝申し上げます。

また、会えることを楽しみにしております。

 

Arnau Vert Soler

Local Project Dorector Fukuoka

Barça Academy

アルナウ ヴェルト ソレル

ローカルプロジェクトディレクター

バルサアカデミー福岡校

 

スクール生の声07|「楽しくサッカーを学べる」友清 暉壱くん

友清 暉壱くん(2018年度卒業)
ACプリメーラ→FCラパシオン

①バルサアカデミーに通ったキッカケは何ですか?また、実際に通ってみてどうでしたか?
お母さんの友達に紹介してもらって通うようになりました。楽しくサッカーを学べることができてとてもいいと思いました。

②バルサアカデミーで、技術的な部分と戦術的な部分で、一番成長したと思う部分は何ですか?
バルサアカデミーはどの練習もパスが上手くなるようなメニューで、仲間がトラップしやすいパスや、次のプレーにつながるパスが成長したと思いました。攻撃では、自分の陣地だったら相手にボールを取られないようにパスを繋げる。相手ゴール前だったら積極的にドリブルやシュートを狙っていく。守備では、外に追い込むように守備をしたりカバーリングする。ボールを持っていない時は、ボールをもらいやすい位置に移動したり、敵と敵の間でボールをもらえるようにポジション取りを工夫をする。バルサアカデミーでは基本となる戦術をたくさん学びました。

③バルサアカデミーで学んだことで、今でも役に立っていることは何ですか?
サッカーを楽しんでやることです。僕にとって「シュートにチャレンジするとき」、「ゴールが決まったとき」がサッカーが楽しいと思える瞬間です!

④バルサアカデミーで一番の思い出は何ですか?
バルセロナ遠征です。なかなか外国に行くことはできないのに、僕は2度バルセロナ遠征に行くことができました。スペインでサッカーをして、外国の強い選手たちと試合をすることで、1回目のときは「もっと積極的に練習に取り組んで、外国の選手に勝てるようにしよう!!」という気持ちが芽生えました。2回目の遠征の時は「今まで外国の選手にちょっとビビってたけど、どんな相手でも積極的に攻撃を仕掛けて行こう!!」という強い気持ちでプレーすることが出来ました。

⑤バルサアカデミーでの思い出の写真を一枚紹介してください!

2回目のバルセロナ遠征の写真です。1回目の時は、仲の良い友達がいなくて少し寂しかったけど、2回目は知っている仲間が多くいたので、安心してバルセロナ遠征を楽しく過ごすことができました。

⑥今後の進路や目標を教えてください!!
今の目標は所属しているチームが県大会に出場できるくらいの強いチームにすることです。まだ何も決めてないけど、将来はサッカーに関係する仕事につけたら良いなぁと思っています。

アジアパシフィックカップ2020 トレーニング①

2020年1月28日〜2月3日の7日間、インド・デリーにて開催される「バルサアカデミーアジアパシフィックカップ2020」に向け、9月に行われたセレクショから選出された選手達が春日公園球技場に集まり合同トレーニングを行いました。

まずはバルサアカデミー福岡校のアルナウコーチより、選手と保護者様に大会に向けた今後の流れなどを説明。

 

その後グランドに出て「ロンド」と「ポゼッションゲーム」のトレーニングを実施。「どのようにスペースを作りながらプレーするのか?作ったスペースをどのように使うのか?」、新たにチームメイトとなる仲間と確認・共有しながらトレーニングは進んでいきました。

ふたつのトレーニング終了後、バルサアカデミー福岡校が毎週金曜日に開催している「コンペティションコース」に参加。U-11・U-13カテゴリー、それぞれ2チームずつに分かれ、15分ハーフの真剣勝負に挑みました。

 

ふたつのトレーニングで確認した、スペースの作り方を意識し、コートを広く使いながらゴールを目指すことがうまくできていました。

最後は合同トレーニングに参加した選手、コンペティションコースに参加している選手全員で記念撮影を行い、第1回目となる「バルサアカデミーアジアパシフィックカップ2020」に向けた合同トレーニングは幕を閉じました。

 

【関連記事】

アジアパシフィックセレクション2020

アジアパシフィックカップ2019 参加者の声01

アジアパシフィックカップ2019 参加者の声02

アジアパシフィックカップ2019 参加者の声03