保護者の声

日本初のバルサアカデミー”として2009年に開校したバルサアカデミー福岡校は「FC BARCELONA」が全世界で展開する公式サッカースクールで今シーズン10周年を迎えます。これまで福岡県近郊の園児(年中)〜小学6年生の子供達が楽しみながらバルサのサッカーを体験してきました。現在バルサアカデミーに在籍している保護者様、過去に在籍した保護者様、これまでバルサアカデミーを支えてくださったみなさまの声をお届けします。

サッカーを通してコミュニケーションの部分で成長を感じました在籍4年目、キッズクラスからスタートしたバルサアカデミー。現在はバルサ育成クラスで日々のトレーニングに励んでいる3年生のM君のお父さんにお話を伺いました。 保護者の声を読む
人間性も含め子供を成長させてくれます2014-15シーズンバルサアカデミーMVPを受賞したS君と、そのお兄ちゃんと一緒にサッカーを楽しんだMさん。その二人のお父さんからコメントをいただきました。 保護者の声を読む
「がむしゃらサッカー」から「考えるサッカー」に高校生になった今もサッカーを続けているというFさん。レベルの高い男の子に混ざってプレーした経験は貴重な体験だったとお父さんは振り返ります。 保護者の声を読む
息子と我が家にとって素敵な時間を与えてくれたバルサアカデミー主催の指導者講習会、トレーナーによる食育講座などのイベントに積極的に参加。今でもバルサアカデミーを応援・協力してくれているS君のお父さんの声です。 保護者の声を読む
5つの価値観を胸に刻んで、何かある度に思い出して行動しています。第1回バルサアカデミー国際トーナメントの優勝メンバーで、今シーズンからJリーグでトップチームに昇格したK君のお母さんに、プロサッカー選手という夢に向かってひたむきに努力を重ねてきた息子さんとバルサアカデミーでの思い出を伺いました。 保護者の声を読む
技術・思考力はもちろんの事、サッカーをより好きにさせてくれた指導に感謝年長さんの頃は、バルサアカデミーで“楽しく”サッカーをすることが一番だったK君。学年が上がり、海外遠征を経験し、強い相手にも“挑戦する”という成長をみせてくれたそうです。 保護者の声を読む
何かにチャレンジしてみる勇気を持てる人に成長出来たバルサアカデミーが初めて日本に開校した時、サッカー未経験者の姉弟で入会。サッカーだけでなく外国の言語や文化などに親子で触れることができ、家族で楽しい時間を過ごすことができたというNさんファミリーのお話です。 保護者の声を読む
子供に対してサッカーを指導する方法が目から鱗でした現在6年生と3年生の兄弟でバルサアカデミーで通っているYさんファミリー。サッカー経験者のパパも目から鱗だったというバルサアカデミーのトレーニングとは? 保護者の声を読む
小学生でこんな素敵な経験をさせてもらえた事は、ずっと忘れる事はできません親子でアカデミーのイベントを楽しんだというG君ファミリー。第一回目のバルサアカデミー国際トーナメントでは、帰国する機内での機長から祝福メッセージのアナウンスが流れるなど、忘れられない思い出ができたそうです。 保護者の声を読む
いろんな可能性を与えてくれる場所であり、夢を追える場所単身での長期留学を決意!現在バルセロナの「Marcet footboall」に所属。バルサアカデミーでの国際大会の経験がきっかけとなり、夢を実現するため日々スペインで頑張っているYくんと、そのサポートをし続けているファミリーのバルサアカデミーでのお話。 保護者の声を読む
バルサBの選手に貰った、サイン入りユニフォームは今でも宝物バスと電車を乗り継いで通うことは親としては心配だったが、バルサアカデミーでサッカーをやりたいという本人の強い気持ちで入会を決めたというAさんパパ。バルサBの選手によるサッカー教室で貰った、サイン入りユニフォームは今でも宝物だそうです。 保護者の声を読む
仲間たちと出会い、切磋琢磨しながら、謙虚な姿勢と仲間を大事にする気持ちが自然と身についた4年生の時にJリーグの下部組織のセレクションに合格。それまで片道二時間かけて通ったバルサアカデミー。サッカーへの意識高い仲間たちと出会い切磋琢磨しながら、謙虚な姿勢と仲間を大事にする気持ちが自然と身についたそうです。 保護者の声を読む

バルサアカデミー福岡校

バルサアカデミー福岡校

アカデミー生の声

保護者の声